レゴを使って、「100年時代の人生戦略」をテーマに未来を語り合う読書会

2017年6月16日、川崎市にある富士通小杉ビルにて「レゴを使って、『100年時代の人生戦略』をテーマに未来を語り合う読書会」を開催いたしました。

当日は富士通グループ社員など合わせて16名の方が参加。

昨年発売されベストセラーとなったリンダ・グラットン著「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」を読んで、レゴを使ったワークやこれからの働き方や生き方などについて対話を楽しみました。

読書会が進むにつれ、参加者同士の会話も徐々に弾み、後半はいつまでも話が止まらない状況が何度もありました。

「あすよみ」のトライアルイベント第一弾としては大成功だったと思います。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

参加された方の感想(一部)

・本のセレクトが、誰でも考えるべき共通テーマだったので、とても話が広がり楽しかったです!(レゴとの関係もとりやすかったです)

・本について他のグループでの異なった解釈が聞けてよかったです。

・レゴシリアスプレイと本をみんなで読むという内容がおもしろいです。

・読み合うと自分が捉えるものと違う視点がたくさん出てくる上、人に分かりやすく説明し、ディスカッションする力も必要となり、よいトレーニングですね!!また参加したいです。

・様々な分野の方の意見を聞き、大いに触発された。また、会社関係以外の方の考え方は貴重だった。

・一方的に習うのではなく、自分達で考え気づかせてもらえた。レゴを使ったことで、イメージ化ができた。

・グループの方々と話し合うことで、違う視点を得られたり、より深く考えたりすることができて、とてもよかったです。本を読まないで、「読書会」になるのかな?と思っていましたが、集中して読むことをしたのもよかったです。

・本を読んでいなくても、だいたいの内容が理解できた。

・レゴ・シリアスプレイが体験できて、すごく楽しかったです。

・レゴで表現するという脳をあちこち普段使わないところを使ったことがよかった。

・楽しくエンジョイしました。

フォトレポート

当日の様子を写真でお伝えします。

各グループの集合写真と作品

関連情報

あすよみ|人生に、新たな1ページを。

「あすよみ」では、未来を自分らしくクリエイティブに生きるビジネスパーソンのために、“読書と対話と思考の場”を提供しています。