速読は、現代人に必須の技術。

読書会を主催しているとどうしても読書法とか、読書術の本が気になります。

先日、たまたまブックオフで見つけて、思わず購入したのが齋藤 孝 著「大人のための読書の全技術」です。

この本には、忙しい毎日を送っている齋藤氏が長年かけて作り上げてきた“最強の読書術”が紹介されていました。

現代社会はあらゆるもののスピードが早くなっており、私たちの行動も自然に早くなっているそうです。例えば、テレビのアナウンサーの話す速度は昔に比べると早くなっており、昔の速度で聞くと、視聴者は遅すぎてわかりにくいと感じるそうです。

そんな時代に生きる私たちにとって、「速読」は必須のスキルになりつつあるようです。

斎藤氏は「速読」と「精読」をそれぞれ極め、本の種類や読書の目的によって使い分けているそうです。そのやり方で、なんと多い日には、一日に10冊以上も読破しています。

「速読」のポイントは以下の2つです。

(1)本を読む目的を設定する

これは、「本の内容を誰かに説明する」と決めることです。人に話すには、内容をしっかりと理解して、整理する必要があります。そのためには集中して読むことが求められます。

(2)本を読み終える時間的締め切りを設定する

タイムプレッシャーをかけることで、目と頭を速読に慣らす訓練をする。

以上の2つを同時に設定すれば、速読の技術は飛躍的に向上します。

「あすよみ」の読書会に参加された方はよくご存知だと思いますが、まさにこれをやっています。

日常の読書にも「速読」を取り入れてみませんか?


あすよみ発起人 マサ


関連図書

関連情報

あすよみ|人生に、新たな1ページを。

「あすよみ」では、未来を自分らしくクリエイティブに生きるビジネスパーソンのために、“読書と対話と思考の場”を提供しています。