「あすよみ」と働き方改革。

気がつけばこの「あすよみ」プロジェクトもスタートから早3ヶ月が経ちました。

先のことはあまり深く考えず探索的に始めた活動ですが、多くの人に支えられてここまで来ることができました。

ありがとうございます。

気のせいかもしれませんが、少しづつ何かが回り始めたような気がしています。


その一方で、世間では働き方改革がブームになっていますね。

先日はサイボウズが公開した「働き方改革、楽しくないのはなぜだろう。」が話題になりました。

働き方改革が注目されている背景には様々な理由があるかと思いますが、今私たちは、組織や企業が主役の時代から個人が主役になる時代への大きな転換期にいるのではないでしょうか。

スマホやSNSなどテクノロジーの進化と普及によって、これまでにも企業が作った広告よりも一般消費者の口コミの方が影響力が大きいなど、大きな流れとして企業から個人へのパワーシフトは至る所でありました。

それがここにきて急速に加速しているという実感があります。

それは、「人生100年時代」と「人工知能の進化」というキーワードに凝縮できるように思います。

人工知能の進化のスピードから見ると、人間の成長スピードなんてまるで停止しているかのように見えるのではないでしょうか。

そんなことをよく考えますが、「あすよみ」プロジェクトを振り返って見ると共通テーマは、“AI時代の働き方(生き方)の探求”なんだと気がつきました。

そこで、「あすよみ」についての説明ページを新たに追加し内容も見直しました。


あすよみ発起人 マサ

関連情報

あすよみ|人生に、新たな1ページを。

「あすよみ」では、未来を自分らしくクリエイティブに生きるビジネスパーソンのために、“読書と対話と思考の場”を提供しています。