やりたいことをやらざるを得ない時代。

先日、HEART CATCH代表の西村真理子さんのお話を伺う機会がありました。

未来を自分らしくクリエイティブに生きるビジネスパーソンを応援する「あすよみ」としても大変共感できる内容でしたので、一部ご紹介したいと思います。


西村さんはこれからの時代を、 「やりたいことやらざるを得ない時代」と表現されていました。

「やりたいことができる」といった選択肢増える話ではなく、もうそれでしか生きていけないんだという強烈なメッセージを感じますよね。

どういうことかというと、人間がやりたくない仕事、つまらない作業はどんどん人工知能やロボットがやってくれる時代がそこまできているということなんです。

テクノロジー系のニュースをチェックしている方はみなさん同じだと思いますが、テクノロジーの進化とその普及スピードの速さを日々実感しています。

その速さは年々スピードアップしており、実態としてはおそらく体感よりも数倍早いスピードで物事が進んでいるのではないかと思います。 


西村さんはそんなこれからの時代の生き方、働き方を3つのPから始まるキーワードで表現していました。

  • Positive:多様な価値観を享受する
  • Polyphenic:多面的。自分のスキルを複数に持つ
  • Personality:自分のキャラを活かす

みなさんはどう思いますか?


あすよみ発起人 マサ 


関連情報

あすよみ|人生に、新たな1ページを。

「あすよみ」では、未来を自分らしくクリエイティブに生きるビジネスパーソンのために、“読書と対話と思考の場”を提供しています。