「健康」は最高の贅沢。


昨日は久しぶりに参加者としてうん万円もするセミナー&ワークショップに参加しました。会社の枠で参加したのでもちろん個人としての支払いはゼロです。ありがたい!


そのワークショップでたまたま多数決で選ばれたテーマが「健康」でした。

いくつかのワークを通じて、「健康」に関する生活者のインサイトを探求するものでしたが、さまざまな考えや価値観に触れることができ面白かったです。


私たちのテーブルでは、「健康」について望ましい状態を以下のようにまとめました。

・健康とは、シンプルな生き方(動物的だし、子供のように生きること)

・シンプルな生き方とは、「くう」、「ねる」、「わらう」(遊び、仕事など活動全般)の循環

・不安や余計なストレスとは無縁な状態で可能性に溢れている、自由である状態

・今この瞬間に集中している状態(フロー、マインドフルネス)


ワークしながら気づいたのは、これまでの私の人生において大学時代が一番「心身ともに健康」だったということです。

当時は、インターネットもスマホもありませんでしたし、何もかもが今よりシンプルだったように思います。そう考えると、世の中ずいぶん複雑になりましたよね。

私と同世代の人にとって、心身ともに「健康」でいることは、もしかすると最高の贅沢なのかもしれない。と昨日同じテーブルだったメンバーと納得したのでした。


もうあの頃のような生活に戻ることはできないかもしれませんが、長い人生においては「健康」が一番大切ですから、少しでもシンプルに

「くう」、「ねる」、「わらう」

ができる働き方、生き方を選んでいきたいと思いました。


そんな働き方や生き方を実現するには、日々の生活に「マインドフルネス」を取り入れるのがよさそうです。


ちょうど、来週「マインドフルネス」をテーマにしたイベントがありますので、ぜひ一緒に学んでみませんか。

ストレスを解消し、創造力を活かす!“働きやすさ”をつくる「はじめてのマインドフルネス」


あすよみ|人生に、新たな1ページを。

「あすよみ」では、未来を自分らしくクリエイティブに生きるビジネスパーソンのために、“読書と対話と思考の場”を提供しています。