meではなく、weでいこう。

先日、ニューヨーク発のコワーキングスペースとして知られる「WeWork」(六本木一丁目)を見学させてもらいました。

まだオープン前ということで工事中の状態でしたが、お話を伺えば伺うほど、WeWorkの理念の素晴らしさに感動しました。


WeWorkのミッションは、「仕事を通じて人生を豊かにする」。

今イケてる企業というのは、扱っている商品やサービスではなく、その会社のビジョンやカルチャーが光っているんだなぁと改めて思いました。

働くスタッフすべてが、心から理念に共感して入社してくるから、そういう企業はビジョンの実現が早い。

それによって、他社と似たようなものを提供してても、見え方が変わってくるんですよね。


「me」ではなく、「we」で働くというカルチャー。

ーー2010 年に WeWork を始めた時、私たちは美しいシェアードオフィススペース以上のものを創りたいと考えました。それはコミュニティです。『me』という個人として参加しながらも、より大きな『we』の仲間になれる場所。収益だけでなく、個人の充足感を尺度として成功を定義し直す場所。コミュニティは私たちにとっての触媒です。ーー

WeWorkのサイトより引用)


例えば「通路の幅」ひとつとっても、人と人がすれ違う時に会話が生まれる状況をつくるには、どうあるべきかを考えてデザインされているそうです。入居する企業の仕切りはすべてガラス張り。人と人、企業と企業が出会うための工夫が随所にあるのです。

さらに極めつけは、スタッフ(ちなみに、お客様もスタッフも“メンバー”と呼ぶようです)が企業同士のお見合いまでおせっかいするそうです。

そんな感じだから、ビールが飲める場所もあるんです。

「緊張するスペース」は何も生まない、だから「遊び心」を重視しているというのも納得ですね。


設立から7,8年経つそうですが、全世界に280箇所も拠点があるそうです。

「オープンイノベーションコミュニティー」を目指し、「スペース」、「コミュニティー」、「サービス」の3つを提供しているのはWeWorkだけという。

テクノロジーにも強く、データ活用によって様々なことを効率化しているそうです。


ちなみに、「あすよみ」もWeLearnによるコミュニティーづくりを目指しています。


あすよみ発起人 マサ

あすよみ|人生に、新たな1ページを。

「あすよみ」では、未来を自分らしくクリエイティブに生きるビジネスパーソンのために、“読書と対話と思考の場”を提供しています。