マネジメントの常識を覆す次世代型組織を、レゴブロックを使ってみんなで学ぶワークショップ【第2弾】

2018年3月13日、東京都大田区の富士通ソリューションスクエア内に開設された「FUJITSU Knowledge Integration Base PLY」にて、書籍「ティール組織」を学ぶイベントの第2弾を開催。


前回同様に、これからの組織に関心をもつ、様々な職種、立場の方々にお集まりいただきました。 

ファシリテーションは、富士通デザインのデザイナーでもあり、あすよみ発起人でもあるマサが行いました。 


参加された方の感想(一部)

・レゴを使うと、周りの方のイメージが言葉よりも、つかみやすく、よかったです。

・本をまだ読んでいないが、ぜひ読みたいと思った。

・いろいろな組織を学習・研究できて、よかった。

・“読書会”は初めてだったのですが、こういうものなのか、とか意義が少しわかりました。

・ティール組織の勉強になりました。夢の組織論と思いましたが、強い志が必要です。

・ティール組織を全く読んでなくても、この人数とこの時間と、そして大切な進行があれば、内容も分かり、アウトプットすることで考える、深い理解が得られる。

・LEGOによって、組織に対して主体的、自分ごととしてより考えられた

・異なる視点で色々な意見が聞けた

・短時間で、「ティール組織」になじめたこと

・一人では読む気が起らなかった分厚い書物を楽しく読めた。

・全く読んでいなかったのに、何回も読んだ気分になった。読んだ以上の事を語って知ることができた。

フォトレポート

当日の様子を写真でお伝えします。

関連情報


あすよみ|人生に、新たな1ページを。

「あすよみ」では、未来を自分らしくクリエイティブに生きるビジネスパーソンのために、“読書と対話と思考の場”を提供しています。